2017/10/18 11:30

神社で舞う大蛇の迫力に釘付け!島根県に行ったら日本最古の伝統芸能「石見神楽」を鑑賞しよう

日本の伝統芸能といえば、狂言や歌舞伎、能などを思い出す人が多いかもしれませんが、「神楽」は、かつては日本全国で盛んに行われていた我が国最古の芸能です。

その歴史をひもとくと、日本神話のなかの「天岩戸伝説」にまでさかのぼり、岩戸にお隠れになった天照大御神を誘い出すために、宇津女命が岩戸の前で舞った踊りが基原だといわれています。

今回ご紹介するのは、島根県・石見地方と広島県・安芸地方北部において伝統芸能として受け継がれている「石見神楽(いわみかぐら)」。

石見神楽の演目は、古事記や日本書記を原典とするものなど30数種にのぼりますが、その中でも最も親しまれている演目「大蛇(おろち)」をご紹介します。

島根県の石見地方では、神社の隣に神楽を舞うための神楽殿があります。石見神楽は、一般的な神楽のイメージとは一線を画した軽快かつ激しい囃子と舞いが特徴。囃子の音色と聞きながら大迫力の演目に釘付けになるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >