2017/10/29 11:30

【個性的な教会】可愛い見た目からは想像できないフィンランド・タンペレ大聖堂が凄い!

フィンランドの第二の都市タンペレ(Tampere)は湖と森に囲まれた自然豊かな場所で、工業都市として発展した歴史を持ちます。世界で唯一のムーミン博物館があることで密かな注目を集めており、首都のヘルシンキから日帰り旅行も可能です。

この街のシンボル的存在のタンペレ大聖堂は、おとぎ話に出てくるような尖がり屋根に石造りの建物。外観の美しさも素晴らしいものですが、実は大聖堂の内部も個性的なんです。

それでは、今回はフィンランドのタンペレ大聖堂をご紹介します!タンペレ駅から徒歩5分ほどの距離にあるタンペレ大聖堂(Tuomiokirkko)はゆるやかな丘の上にあり、周囲は緑が溢れる小さな広場になっています。

大聖堂の周りをぐるりと囲む塀、赤い尖がり屋根がどことなく中世の雰囲気を連想しますが、ラルス・ソンクによって設計され、20世紀初頭に完成したフィンランドナショナルロマン主義建築です。タンペレ大聖堂の建設が計画された頃、工業都市として急速に発展したタンペレは、人口が急激に増加しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >