2017/12/13 06:30

メルヘンチックなモロッコの青の町、シャウエンでしたい7つのこと

「おとぎの世界のような青の町」として、近年一気にその名を知られるようになったモロッコのシャウエン。1471年にムーレイ・アリ・ベン・ラシッドによって建設され、1920年にスペイン領に組み込まれるまで、長らくイスラムの聖域として異教徒に閉ざされていました。

山あいの小さな町でありながら、たくさんの楽しみと美しい風景が詰まったこの町は、世界中からの旅行者を魅了してやみません。そんなシャウエンを満喫するためにしておきたい7つのことをご紹介しましょう。

1.フォトジェニックなメディナ散策

シャウエンのメディナ(旧市街)は、カスバ以外にはこれといった大きな見どころがあるわけではありません。しかし、地図を見ずに、どこを目指すでもなく好奇心の赴くままに町を歩くのがシャウエンの醍醐味。

小さいようでいて、坂の多いシャウエンの町は意外と歩き甲斐があり、「もう一通り見たな」と思っていても、いざ再び歩いてみると新しい風景に出会うということが多々あります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >