2017/11/19 11:30

【日本の銘酒】鞆の浦名産の伝統ある薬味酒 / 広島県福山市鞆町「入江豊三郎本店」の保命酒をお土産にいかが

広島県福山市鞆の浦の名産に「保命酒(ほうめいしゅ)」があるのはご存知でしょうか。保命酒とは生薬を含むことから「瀬戸内の養命酒」とも呼ばれるリキュールです。

保命酒の起源は約350年前、万治2年に大阪の医師中村吉兵衛が考案した薬用酒は、すでに醸造業が栄えていた鞆の浦のお酒と、吉兵衞の漢方の知識が合わさって保命酒が誕生しました。やがて保命酒は、江戸幕府より備後の特産品として庇護され、全国に知れわたるようになります。

現在保銘酒の醸造元は、広島県福山市鞆町にある「岡本亀太郎本店」、「入江豊三郎本店」、「八田保命酒舗」、「鞆酒造」の4軒を残すのみ。

今回ご紹介するのは、明治19年創業「入江豊三郎本店」の保銘酒。「入江豊三郎本店」は中村家の伝統を継承し、保命酒を今に伝える4軒の蔵元の内のひとつです。

江戸期の情緒を残す、レトロな雰囲気たっぷりの店内。各種保命酒徳利の展示などを見ることができます。

店内には豊富な種類の保命酒や、長年の原酒づくりで培った技術をもとに、本みりんも製造販売しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >