2017/11/09 06:30

【新東方見聞録】東南アジア・カトリック教会巡りの旅へ!

東南アジアは「宗教の宝庫」と言えます。キリスト教、イスラム教、ヒンズー教、仏教、土着信仰が同じ地域に混在している光景は珍しくありません。

その中で、ここではキリスト教を取り上げてみましょう。とくにカトリックは世界12億人の信者を有する国際宗派です。もちろん、東南アジアにおいても一大勢力を構築しています。

そしてこの地のカトリックは、日本にとっても「赤の他人」というわけではないようです。

・カトリックとプロテスタント

まず始めに、カトリックとプロテスタントの違いについておさらいしましょう。

キリスト教は、最初から諸宗派があったわけではありません。聖書の解釈の違いによってだんだんと細分化されていったのですが、それでも16世紀まではカトリック教会がヨーロッパで最も大きな勢力を維持していました。

しかし、ここでテクノロジー革命が起こります。グーテンベルク式活版印刷機の普及により、本の出版が容易になったのです。すると各地の聖職者が、独自の翻訳に基づく聖書を印刷するようになります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >