2017/11/15 11:30

イタリア・ローマ4大大聖堂のひとつ!聖母マリアにささげられたサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の魅力に迫る

カトリックの本場ローマには大小様々な教会や大聖堂があり、道を歩けば教会にぶつかるといっても過言ではありません。いくつもある教会の中において一目置かれる存在でもあるのが、テルミ二駅近くにあるサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂。教皇によって建てられた「ローマ4大大聖堂」のひとつでもあり、豪華絢爛な内部の装飾は一見の価値がありです。

その歴史は356年にまで遡るという大聖堂。教皇リベリウスがこの年の夏、「数日のうちに雪が降る地に聖堂を建てよ」という聖マリアのお告げを夢の中で聞いた、という逸話が残されています。大聖堂が建造されたのは5世紀とのこと。

ちなみにサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂はバチカンの外にあるものの、大聖堂はバチカン市国に属し、バチカンの法律が適用されます。

36本もの大理石の柱が並ぶ中心廊。この上方と祭壇上方のアーチに描かれているモザイクは、大聖堂が建設された5世紀のもの。1500年以上も前のモザイクがここまで状態良く残されているのには驚きです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >