2017/11/01 11:30

【世界の街角】北欧フィンランド第三の都市「トゥルク」ってどんな街?

北ヨーロッパに位置するフィンランドは、日本から飛行機で約10時間ほどでアクセスできる最も近いヨーロッパの国の一つ。首都のヘルシンキは治安も安定しており、女性の一人旅にも人気の都市です。

ヘルシンキから鉄道で2時間ほどの距離の第二の街のタンペレはかつて工業地帯として発展し、現在はレンガ作りの工場の跡地がお洒落にリノベーションされた施設が注目を集めています。

今回はフィンランド第三の都市で「西の都」と呼ばれるかつての古都、トゥルクの街をご紹介します。フィンランドの西南部に位置するトゥルクは、「西の都」と呼ばれるのに相応しい趣のある街です。地理的にスウェーデンと近く、大きく影響を受けながら発展しました。トゥルクにはスウェーデン語を話し、スウェーデンの文化背景を持つ人たちが今も暮らしています。

実はムーミンの作者トーベヤンソンもスウェーデン系のフィンランド人で、ムーミンの原作はスウェーデン語で執筆されました。
トゥルクからほど近いナーンタリにあるテーマパーク「ムーミンワールド」は、日本からの観光客にも人気のスポットです。トゥルクはバルト海に面しており中世にはハンザ同盟と都市として繁栄し、19世紀にロシアの皇帝アレクサンドル1世がヘルシンキを首都とするまで、約600年に渡ってフィンランドの都として栄えました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >