2018/01/05 06:30

イベリア半島にあるのにイギリス領、ジブラルタルってどんなとこ?

イベリア半島の南東端に位置するジブラルタル。地図を見ればまるでスペインの一部かのように見えますが、ここはれっきとしたイギリス領。

1713年のユトレヒト条約の取り決めによってイギリスに統治権が与えられて以来、現在もイギリス領としてイギリス軍が駐留しています。

日本ではあまり馴染みがないものの、本国から離れたイギリス領というだけでなく、ヨーロッパ唯一の猿の生息地として、あるいは「ヨーロッパで最も危険」といわれる空港を有する地として、その特異性が際立つジブラルタル。

いったいどんなところなのか、実際に行って確かめてみました。

・ジブラルタル基本知識

わずか6.5キロ平方メートルの面積に、およそ3万人の人々が暮らすジブラルタル。北は中立地帯を挟んでスペインと国境を接し、南はジブラルタル海峡を挟んでアフリカ大陸に面する交通の要衝です。

住民のうち、もっとも多いのがイギリス系で27パーセント、次いでスペイン系が24パーセント、イタリア系やポルトガル系もそれぞれ19、11パーセントと高い割合を占めています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >