2018/01/31 06:30

北アフリカ最大の神学校、モロッコ・マラケシュ「ベン・ユーセフ・マドラサ」の美しさに息を呑む

北アフリカの国、モロッコきっての観光都市・マラケシュ。マラケシュといえばなんといってもジャマ・エル・フナ広場が有名ですが、世界遺産にも登録されているメディナ(旧市街)には、ほかにも数多くの見どころがあります。

そのひとつが、城壁に囲まれたメディナのほぼ真ん中に位置する「ベン・ユーセフ・マドラサ」。

「マドラサ」とはイスラム神学校のこと。モロッコを旅するなら必ず一度はマドラサを訪れる機会があることでしょう。

モロッコに数あるマドラサのなかでも、マラケシュのベン・ユーセフ・マドラサは北アフリカ最大のマドラサとして有名。1565年にサアード朝のスルタン、アブダラー・アル・ガリブによって建てられ、最盛期には900人もの学生がここで暮らしながら学んでいました。

当時の建築技術の粋を集めて造られたこのマドラサは、アラブ・アンダルシア建築の最高傑作と名高く、現在もその輝きは色あせません。

フナ広場から迷路のように入り組んだ路地が広がるスーク(市場)を通ってベン・ユーセフ・マドラサに向かうとき、この先に大規模なマドラサがあるなんて想像もつきません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >