2017/11/04 11:00

発展途上国におけるバッグや雑貨、ジュエリーを手がける「マザーハウス」が東京・上野「パルコヤ」に11月4日オープン

バングラデシュ産のバッグをメインに、発展途上国における雑貨やジュエリーを手がけている「マザーハウス」。

バングラデシュにはジュートやレザー、ネパールには上質なカシミアやシルクなど、それぞれの国や地域にはオリジナルな素材があります。

「マザーハウス」は2006年の設立以来、バングラデシュをはじめ、ネパール、インドネシア、スリランカの計4カ国でそれぞれの素材や文化を活かしたものづくりを続けています。

現在、国内25店舗、台湾6店舗、香港1店舗を展開している「マザーハウス」は、11月4日東京・上野にグランドオープンする商業施設「PARCO_ya(パルコヤ)」新店舗をオープンします。

マザーハウスという会社名は、「マザーテレサ」に由来するのだとか。

・バングラデシュはレザーの聖地!ジュートは世界でもトップの輸出量を誇る国

同店の黄麻(ジュート)やレザー製品のバッグや財布、ポーチなどは、バングラデシュに直営工場を構え、マトリゴール工場で生産されています。特にバングラデシュは昔から多くの牛が飼われ、革加工が非常に盛んな国。また、ジュートも世界でもトップの輸出量を誇る国です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >