2017/11/07 11:30

【日本人が知らないニッポン】正倉院展が伝える「交易大国日本」

毎年10月末から11月半ば頃にかけて行われる、正倉院展。今年2017年は10月28日~11月13日までの開催です。

この展示会は、我が国日本が極めて国際色豊かな国であるということを教えてくれます。

そう書くと意外に思われるかもしれません。確かに、日本は対外交易の相手先をたった数ヶ国に限定するという時代もありました。しかし日本は広大な領海を持った海洋国家であるということは、今も昔も変わりません。我々の先祖は、海の向こうからやって来る異国の文化を積極的に受け入れていました。

では正倉院展に出陳されるものは、日本人にとってどのような意味を持つのでしょうか。

・ペルシャの文化が日本にも

8世紀は「中央アジアの時代」です。

この頃の中国は唐王朝全盛期で、その勢力は中央アジアにも拡大していました。一方で中東はウマイヤ朝からアッバース朝に転換する頃で、力を持ったイスラム商人がやはり中央アジアを目指しました。

東西の文明圏が接点を持つのは自然の成り行きで、その影響は遥か東方の国日本にも伝達します。シルクロードは、まるで電線のようなものです。電線が敷かれている以上、隅々にまで電力が行き渡ります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >