2018/01/27 11:30

モロッコの世界遺産の町・ラバトにある「ウダイヤのカスバ」で歴史と絶景探訪

モロッコの首都・ラバトはモロッコ中部の大西洋に面した港町。

ヨーロッパの香りを感じる近代的な新市街と、アラブ情緒漂う混沌としたメディナ(旧市街)は、ともに「ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都」として世界遺産に登録されています。

旧市街がまるごと世界遺産に登録されている例は数あれど、旧市街と新市街がともに世界遺産に登録されている町は意外と少ないものです。

行政の中心らしく落ち着いたたたずまいをもつラバトで、最も美しい風景が楽しめるスポットが「ウダイヤのカスバ」。もちろんここも世界遺産地区の一部です。

ウダイヤのカスバは、タリク・アル・マルサ通りをはさんでメディナの北に位置する城塞地区。ムワッヒド朝時代に築かれた城壁を利用して、17世紀にムーレイ・ラシッドによって造られました。

現在の呼び名は、18世紀に気性の荒いウダイヤ・アフブ族の軍隊をここに駐屯させたことからついたものです。

彼らは13世紀にモロッコに侵入し、モロッコ各地を荒らしまわった後、ラバトに腰を落ち着けました。当時アラウィー朝のスルタンだったムーレイ・イスマイルは、ラバト周辺で暴れていたザエル族の進入を防ぐために、ウダイヤ・アラブ族にラバトの防衛を託したのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >