2018/04/22 06:30

かつてモロッコの王が夢見た壮大な王都の跡をたどる、世界遺産の古都・メクネスを歩く旅

モロッコの古都として有名なのが、「世界最大の迷宮都市」とも呼ばれる旧市街をもつフェズ。しかし、その近くにもうひとつの古都があることは案外知られていません。

それが、フェズから列車でおよそ30分ほどのところにあるメクネス。その歴史的な町並みは「古都メクネス」として世界遺産に登録されています。

10世紀ごろに、ベルベル系メクネッサ族が築いたこの町が最盛期を迎えたのは17世紀、アラウィー朝のムーレイ・イスマイルの時代でした。豪華な王国の建設を目指した彼は、もともとあった古い建物を次々と壊し、数多くの城壁や門、モスクなどを建設しました。

その背景には、同時代にヨーロッパで太陽王として君臨していたルイ14世が造ったヴェルサイユ宮殿への対抗心があったともいわれています。

しかし、王都としてのメクネスはわずか半世紀ほど続いただけで、歴史の中心がマラケシュやフェズに移った後、メクネスの町はしだいに衰退していったのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >