2017/11/22 06:30

世界遺産の迷宮都市、神のお告げで生まれたモロッコの古都・フェズ

1000年以上の歴史をもつモロッコ最古の王都、フェズ。「世界一の迷宮都市」とも称されるほど複雑に入り組んだメディナ(旧市街)は、まるごと世界遺産に登録されています。

ここに町を建設したのは、モロッコ初のイスラム王朝となったイドリス朝を興したイドリス1世。言い伝えでは、イドリス家はイスラム教の開祖ムハンマドの血を引く由緒ある家系だともいわれています。

彼は8世紀末、アッバース朝(イスラム帝国)に反抗したために迫害を受け、中央モロッコに逃れてきました。

イドリス1世がフェズ川周辺に首都建設の構想を練っていたとき、ひとりの老人が現れこう言ったのです。

「この地にはかつてフェズという都があったが、滅んでしまった。やがてイドリスを名乗る男がやってきて町を再建するだろう。」

この言葉を聞いたイドリス1世は、それを神のお告げと受け止め、「この町の再建が神から与えられた私の使命だ。アッラーの名のもとにこの町をフェズと名付けよう。」と決意しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >

おすすめキャンペーン