2018/04/16 06:30

ウィリアム王子とキャサリン妃が暮らすロンドンのケンジントン宮殿で、イギリス王室の歴史をたどる

ロンドン中心部、広大なケンジントン・ガーデンズのなかにたたずむケンジントン宮殿は、現役のロイヤル・ファミリーの居城。

1760年に王宮がバッキンガム宮殿に移るまでは歴代の王の居城として使われ、かつてはヴィクトリア女王やダイアナ妃、チャールズ皇太子がここで暮らしていました。

現在は、ウィリアム王子とキャサリン妃のロンドンでの住まいとなっています。

ロイヤル・ファミリーの宮殿にしてはやや質素にも見えるのは、かつてここが「ノッティンガム・ハウス」と呼ばれるノッティンガム伯爵の私邸だったため。この宮殿を買い取ったウィリアム3世とその妃メアリー2世が1689年にここに移り住んだことが、王宮としてのケンジントン宮殿の歴史のはじまりです。

現役のロイヤル・ファミリーの住まいでありながら、一部は博物館として公開されていて、英国王室の華麗なる歴史をたどることができます。

・KING’S State Apartments

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >