2017/12/07 06:30

【世界の絶景】モロッコのなかのアンダルシア、世界遺産の白い町・テトゥアンのメディナを散策

モロッコ北部、リフ山脈のふもとに広がる小さな町、テトゥアン。城壁に囲まれたメディナ(旧市街)は「テトゥアン旧市街」としてまるごと世界遺産に登録されています。

テトゥアンの風景をひと目見れば、かつてイスラム王朝の都であったフェズやマラケシュの町並みとは違う、ヨーロッパ的な香りを感じることができるでしょう。

地中海地方の青い空に映えるテトゥアンの真っ白な町並みは、「モロッコのアンダルシア」とも呼ばれています。

テトゥアンにアンダルシア風の町並みが生まれた理由。それは、このメディナがスペインのアンダルシア地方から逃れてきた人々によって造られたからです。

1492年のグラナダ陥落で、イベリア半島におけるレコンキスタ(国土回復運動)が完成。キリスト教徒から追放や迫害を受けたイスラム教徒やユダヤ教徒がこの地に逃げ込み、城塞都市を築いたのです。

その後20世紀前半にはスペイン領になったこともあり、現在もスペインとモロッコの文化が入り混じった独特の異国情緒を漂わせています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >