2018/01/04 06:30

注目の世界遺産・オフリドを抱えるヨーロッパの小国「マケドニア」ってどんな国?

旧ユーゴスラビアの最南端に位置する国・マケドニア。

その名を聞いてもほとんどの日本人が具体的なイメージを思い浮かべられないマイナーな国ではありますが、人気急上昇中の世界遺産・オフリドを擁するマケドニアへの注目は年々高まっています。

・マケドニアってどんな国?

東ヨーロッパのバルカン半島に位置するマケドニア共和国は、面積が九州の約3分の2、人口およそ200万人の小国。かつてはユーゴスラビアの一部でしたが、1991年に独立を宣言しました。

民族構成はスラブ系のマケドニア人が約65パーセント、アルバニア人が約25パーセント、トルコ人やロマなどその他の民族がおよそ10パーセントと、小国ながら民族構成は多彩。公用語はマケドニア語で、宗教はマケドニア正教が約7割、イスラム教が約3割となっています。

2017年11月現在、EU(ヨーロッパ連合)には加盟しておらず、独自通貨のデナルが流通しています。

日本国籍者が観光目的でマケドニアを訪れる場合、3ヵ月以内の滞在ならビザは不要。ギリシャのテッサロニキやブルガリアのソフィアなどから、陸路で首都スコピエを目指すのが一般的です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >