2018/02/18 06:30

長寿のワインに失恋の治療薬!?エストニア・タリンにあるヨーロッパ最古の薬局に行ってみた

ヨーロッパ最古の薬局といえど、まだまだ現役。中世の面影を残す薬局でありながら、現代の薬や化粧品なども販売されていて、日常生活に密着したごく普通の薬局として機能している光景がなんだか不思議です。

とはいえ、ここには他の薬局では手に入らない特製の商品も売られています。

そのひとつがクラレットワイン。一見普通の赤ワインと変わりませんが、8種類のスパイスが入ったワインで、古くから「長寿のワイン」として重宝されてきました。

クラレットワインはタリンを訪れる観光客に大変人気があるため、450ミリリットル入りの瓶のほか、自宅で作れる材料の入ったセットも販売されています。

もうひとつ、この市議会薬局の名物となっているのが、「失恋の治療薬」。薬といってもマジパンのようなお菓子で、中世の時代から、この薬局では失恋の苦しみを癒す薬として処方されてきました。

材料の72パーセントはアーモンドで、残り28パーセントの成分は秘密。中世から伝わる秘伝のレシピゆえ、門外不出なのです。昔から恋の痛みを訴えてこの薬局を訪れる「患者」は後を絶たないといい、今も昔も人の悩みに変わりがないことになんだかほっとさせられるような気がします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >