2018/03/31 06:30

心洗われる静謐さ、エストニアの世界遺産の町・タリンの人々を見守ってきた聖霊教会

絵本の世界を思わせるメルヘンチックな町並みで人気のエストニアの首都、タリン。

13世紀にはドイツ名の「レファル」でハンザ同盟に加盟し、ロシアとの貿易の中継地点として隆盛を極めました。商業都市として栄えた中世の面影を色濃く残す旧市街は、まるごと世界遺産に登録されています。

タリンの旧市街にはいくつもの教会がありますが、そのなかで異色の存在感を放っているのが聖霊教会。

向かいには現在エストニア歴史博物館として使われている大ギルドの会館や、タリン最古のカフェ「マイアスモック」が並ぶ賑やかな下町の中心にあります。

14世紀のはじめにはすでに記録に表れている古い教会で、タリンに現存するゴシック様式の教会としては最古のもの。市庁舎および聖霊教団救貧院付属の礼拝堂として建てられ、14世紀のなかばには、細長い塔をもつ現在の姿がほぼ整ったといいます。

ピック通りに面した外壁に埋め込まれた大時計は1684年に制作されたもので、タリンにおける最古の公共時計として今日にいたるまで時を刻み続けています。時計の四隅には福音書記者の彫像が。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >