2018/01/02 06:30

エストニアの象徴!世界遺産の町・タリンの山の手、トームペアの丘を散策

おとぎの国を思わせるような町並みが広がるエストニアの首都、タリン。中世の息づかいが聞こえてくる旧市街は、まるごと世界遺産に登録されています。

タリンの歴史地区は、大きく分けて支配者や貴族たちが暮らしていた山の手と、商人や職人たちが築いた下町の2つのエリアに分かれています。

そのうち、「山の手」と呼ばれるのが石灰岩でできた丘の上に広がる「トームペア」。

「タリン」という名前が「デンマーク人の町、城」を意味する「Taani Linn」に由来するように、タリンの町は13世紀、トームペアの丘にデンマーク人が城を築いたことから発展をはじめます。

その後はドイツ人の入植が進み、13世紀なかばにはドイツ名の「レファル」でハンザ同盟に加盟。ロシアとの交易の拠点として大いなる繁栄の時期を迎えるのです。

・古代の王が眠る墓陵!?

現在のタリンの原型ともいえるトームペア。市街を見下ろす高台に位置するこの地区は、時代を超えて常に権力の象徴となってきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >