2017/12/27 06:30

【世界遺産】緑に抱かれたリトアニアの首都・ヴィリニュスの観光スポット9選

「バルト三国」と呼ばれるエストニア、ラトビア、リトアニアのうち、最も南に位置するのが敬虔なカトリック教徒の国・リトアニア。

エストニアのタリン、ラトビアのリガ同様、リトアニアの首都・ヴィリニュスも歴史的な町並みがまるごと世界遺産に登録されています。

深い森に抱かれたヴィリニュスは、港町のタリンやリガとは違い、バルト三国の首都としては唯一内陸に築かれた町。一国の首都とはいえ、フィンランドからのフェリーがやってくるタリンやバルト三国最大の都市であるリガに比べ、ずいぶんとのどかで牧歌的な空気が流れています。

優しくてどこか懐かしい、世界遺産の町ヴィリニュスで訪れたい9つの観光スポットをご紹介します。

・夜明けの門

旧市街の南の入口である夜明けの門の2階に設けられた礼拝所。ここにある聖母のイコンは、奇跡を起こす力があると信じられており、小さな礼拝所ながら、熱心に祈りを捧げる信者がひっきりなしにやってきます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >