2018/03/28 06:30

【世界遺産】あまりにも芸術的、フランス・ナンシーのスタニスラス広場

フランス東部・ロレーヌ地方の中心都市、ナンシー。かつてロレーヌ公国の首都として栄えたこの町は、アールヌーヴォー誕生の地として有名です。

アールヌーヴォーとは、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に流行した国際的な芸術運動。

植物などの有機的なモチーフや自由な曲線を組み合わせた従来の概念にとらわれない装飾性や、鉄やガラスといった当時としては目新しい素材を積極的に取り入れたところに特徴があり、建築や工芸品などの分野で当時の人々の生活に溶け込んでいました。

その一方、アールヌーヴォーが生まれる1世紀前、ナンシーでは貴族好みのロココが花開きました。ナンシーはロココとアールヌーヴォーという対照的なふたつの芸術様式が発達した町なのです。

そんなナンシーの代名詞的存在が、ナンシーのロココ建築の傑作で、世界遺産にも登録されているスタニスラス広場。

18世紀半ばまで、ナンシーの町は大通りを境に、中世の町並みが残る旧市街と、16世紀から17世紀にかけて造られた新市街とに分かれていました。それらを統一すべく策定された都市計画の一環として建設されたのが、このスタニスラス広場です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

部屋の模様替えをしたり、インテリア雑貨を購入して、生活空間...もっと見る >