2017/12/18 11:30

徳川家康も好んだ銘菓・安倍川餅をイメージした「ふんわり金塊フィナンシェ」は新感覚の静岡土産として話題!

静岡が東海道五十三次の府中宿と呼ばれた時代から、今日に至るまで静岡を代表する名物として広く愛されてきた「安倍川餅」。その歴史は梅ヶ島で発掘されていた金をもじって「金な粉餅(きなこもち)」として安倍川流域の人々が食べてきたのが原型です。

そんな「金な粉餅(きなこもち)」として食べられていた餅を「安倍川餅」と命名したのが徳川家康公です。近年、家康公も好んだ銘菓「安倍川餅」をイメージした静岡の新しい土産が登場していることで話題を呼んでます。

それが「ふんわり金塊フィナンシェ」です。

「ふんわり金塊フィナンシェ」は、その見た目通り「金塊」型のフィナンシェで、静岡の銘菓安倍川もちをイメージし、きな粉を使ったフィナンシェとして洋菓子にアレンジした焼き菓子。きな粉の風味と黒豆の食感を楽しめるよう一つ一つ丁寧に焼きあげて作られています。

ふんわりとした食感にこだわり、一口食べるときな粉の優しい風味が口いっぱいに広がり、食べ続けると後味にシナモンの風味も感じることができます。和と洋が融合したフィナンシェは年配の方でも楽しんでいただける一品です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >