2017/12/22 06:30

ドイツのクリスマス菓子「シュトレン」の秘密、古都ドレスデンとの深い関係とは?

ドイツ風のクリスマスマーケットの定着とともに、日本でもすっかり知られるようになったドイツの伝統菓子、「シュトレン」。

ドイツでは古くからクリスマス前のアドベント(待降節:クリスマス前の約4週間)の時期に食べられており、特にこの時期に売り出されるシュトレンは「クリスマスのシュトレン( Christstollen)」と呼ばれ冬の風物詩となっています。

洋酒に漬けこんだドライフルーツやナッツ、バターをたっぷりと生地に練りこみ、発酵させて焼き上げられたシュトレンは、徐々にフルーツなどの風味が生地に移るため、日数の経過とともにどんどん味が深まっていくのが特徴。

ドイツでは、アドベントの時期に少しずつスライスして、味の変化を楽しみながら食べるという習慣があります。

一般にシュトレン発祥の地は東ドイツ・ザクセン州の古都・ドレスデンといわれ、14世紀にはすでにシュトレンが作られていたといいます。

しかしシュトレンの起源には諸説あり、その原型となったのは1329年にナウムブルクで当時の司教へと捧げられたクリスマスの贈り物であったともいわれています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >