2017/12/16 11:30

【世界の街角】スウェーデンのクリスマスマーケット・ユールマルクナード(Julmarknad)を訪ねてみよう!

スウェーデンのクリスマスはユール(Jul)と呼ばれ、古くから北欧に伝わる伝統と欧米のクリスマス文化が混在した興味深いものです。

マーケットは比較的小さな規模のものが多く、世界遺産のドロットニングホルムや魔女の宅急便のモデルとなったガムラスタンの広場、野外民族博物館のスカンセンなど、旅行客にも便利な立地で開催されています。

クリスマスマーケットはスウェーデン独特のユール文化と出会える場所。
今回はドロットニングホルム宮殿のクリスマスマーケット・ユールマルクナード(Julmarknad)を訪ねてみましょう。スウェーデンの首都ストックホルムから約1時間ほどの場所に位置するドロットニングホルムは、大自然に囲まれたメーラレン湖の畔にある美しい宮殿です。

12月のスウェーデンは日照時間が短く、午後の2時台には太陽が傾き始め、幻想的な空が見られます。ドロットニングホルム宮殿のクリスマスマーケットには、スウェーデンの伝統的な食材やクリスマスの装飾、ハンドメイド雑貨などの小さなお店が軒を連ねます。こちらの屋台で販売されている人形に注目してみてください。赤い帽子に立派な髭を蓄えた姿がサンタクロースによく似た「トムテ」です。
トムテは北欧の民間伝承に登場する妖精で、農家に住み着いている守護神のような存在。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >