2018/04/03 06:30

「時代の寵児」ジャン・コクトーゆかりの地を訪ねる南フランス、マントンの旅

イタリアとの国境にほど近い南フランス、コート・ダジュール地方の町・マントン。かつては漁業とレモン栽培で生活していたこの町は、毎年2~3月には世界的に有名なレモン祭りが開催される「レモンの町」として知られています。

そして、もうひとつマントンを有名にしているのが、20世紀に「時代の寵児」とよばれたジャン・コクトーゆかりの地の存在。

1889年、フランスのパリ近郊の町、メゾン=ラフィットに生まれたコクトーは、詩人、小説家、劇作家、画家、映画監督などとして、幅広い分野でその才能を発揮しました。

パリで華々しく活躍していたコクトーでしたが、60歳ごろからパリやパリ的なものに対する違和感や疲労感を覚えるようになり、あまたの芸術家たちに愛された南仏に足を向けるようになります。

「豪奢と素朴が同居する」マントンの旧市街に魅了されたコクトーはたびたびこの町を訪れ、海辺にたたずむ要塞を人生の集大成ともいえる作品をおさめた美術館へと造り変えました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >