2018/05/05 06:30

【世界のお城】「ドイツ人の心のふるさと」と呼ばれる世界遺産にもなっている名城・ヴァルトブルク城

数々の城を擁する古城の国、ドイツ。

ドイツの城と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、バイエルン州にある白亜の城、ノイシュバンシュタイン城ではないでしょうか。

しかし、「ドイツ人の心のふるさと」と呼ばれる、ドイツ史上最も重要な城はほかにあります。それが、バッハ生誕の地・アイゼナハの町を見下ろす山の上にそびえるヴァルトブルク城。

900年以上の歴史を有するヴァルトブルク城は、ドイツで最も保存状態の良い中世城塞のひとつで、1999年には世界文化遺産に登録されました。

・ヴァルトブルク城の歴史

ヴァルトブルク城の歴史は、1067年、テューリンゲンの伯爵ルートヴィヒ・デア・シュプリンガーが建てた城砦にはじまります。現在見られる主要部分は1170年に後期ロマネスク様式で建てられたもの。

17世紀の三十年戦争以降、城は急速に朽ちていきますが、1777年にゲーテによって「発見」されます。ヴァルトブルク城に魅せられたゲーテは、この城を博物館として残すことを提言。それからおよそ半世紀を経て、城の再建が決定しました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >