2018/05/06 06:30

世紀のプリンセス、グレース・ケリーが眠るモナコ大聖堂をたずねて

フランスのコート・ダジュール地方、ニースとマントンのあいだに位置するモナコ公国。

地図で見ればフランスの一都市のようですが、れっきとした独立国家。世界で2番目に小さく、国連加盟国としては最小のいわゆる「ミニ国家」です。

モナコと聞いて思い出されるのが、「20世紀最大のシンデレラストーリー」といわれたグレース・ケリーの存在ではないでしょうか。

気品に満ちた美貌を武器にハリウッド女優として人気絶頂だった1956年、モナコ大公レニエ3世との婚約を発表し、女優業を引退。モナコ公妃となる道を選びました。

結婚後、当初は異国での公妃という役割に戸惑いながらも、3人の子どもに恵まれ、モナコ公妃として精力的に活動していましたが、1982年、自動車事故によりわずか52歳の若さでこの世を去ります。

それから35年以上が経った今も、ドラマチックな人生を送ったプリンセスの面影は世界中の人々を魅了しています。

そんなグレース・ケリーゆかりの地であり、モナコ屈指の観光スポットでもあるのが、「モナコ・ヴィル」と呼ばれる旧市街に建つモナコ大聖堂。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >