2018/05/20 06:30

ヨーロッパの高級社交場、世界で2番目に小さいミニ国家・モナコってどんなとこ?

バチカン市国に次いで世界で2番目に小さいミニ国家、モナコ公国。

南フランスのコート・ダジュール地方の町、ニースとマントンのあいだに位置し、地図上で見ると一見フランスの一都市のようですが、フランスとはまったく異なる個性をもつ、れっきとした独立国家です。

夜ごとお金持ちが集まるカジノやF1グランプリなど、どこか浮世離れした華やかなイメージの強いモナコとは、いったいどんな国なのでしょうか。

・モナコ基本情報

モナコ公国は、モナコ市を全領土とする都市国家で、世界で2番目に小さな国。面積はおよそ2平方キロメートルで、日本の皇居の2倍程度にすぎません。

人口は約3万8000人で、そのうちモナコ国籍を有するモネガスク(モナコ人)はわずか9000人。人口の大半をフランスやイタリアをはじめとする外国籍者が占めています。

公用語はフランス語。フランスとの通商関係が緊密で、EUには加盟していないもののユーロが公式通貨として使われています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >