2018/05/22 06:30

下町的な雰囲気が魅力、カラフルなモナコの旧市街「モナコ・ヴィル」を歩く

世界で最も有名なカジノ「カジノ・ド・モンテカルロ」を擁するモナコ公国。

お金持ちが集う華やかな社交場のイメージが強いモナコですが、その魅力は単に高級リゾートというだけにとどまりません。

カジノや高級ホテルが集中するモンテカルロ地区とは対照的に、下町的な雰囲気が味わえるのが中世から続く旧市街、モナコ・ヴィル地区。特にお金持ちではない一般の旅行者にとって、モナコ観光の中心となるのはおそらくこの地区でしょう。

モナコの歴史がぎゅっと詰まったモナコ発祥の地、モナコ・ヴィルを歩いてみましょう。

・モナコ大公の公邸、大公宮殿

モナコ・ヴィルは、モナコ公国の中心、海抜60メートルの岩山の上に築かれています。

堅固な要塞都市といった雰囲気のモナコ・ヴィル地区を象徴する存在が、モナコを治める大公の公邸である大公宮殿。1215年にジェノヴァ人が築いた要塞跡に建てられた宮殿で、17世紀のオノレ2世の時代に現在見られるようなイタリア・ルネッサンス様式の建物になりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >