2018/03/06 06:30

古城に世界遺産、本物の中世が息づくルーマニア・トランシルヴァニア地方の魅力

ラテン語で「森の彼方の国」という意味をもつトランシルヴァニア。

現ルーマニアの一部で、カルパチア山脈に囲まれたこの地域は、ローマ帝国崩壊後、ハンガリー王国や、オスマン帝国、オーストリア帝国の一部となったために、ルーマニア人やハンガリー人、ザクセン人など多様な民族が共存してきました。

今も古き良きヨーロッパの雰囲気が残るトランシルヴァニアは、まさにルーマニア観光のハイライトといえるでしょう。

首都ブカレストからのアクセスが良く、旅行スケジュールが組みやすいのもポイント。そんな知られざるルーマニア・トランシルヴァニア地方の魅力をお伝えします。

・中世の面影を残す町々

まるで時が止まっているかのようなトランシルヴァニア地方には、中世の面影を残す美しい町が点在しています。

「ルーマニアの宝石」と称えられる世界遺産の町・シギショアラや、トゥンパ山のふもとに広がる古都ブラショフ、東西の交通の要衝として栄えたシビウをはじめとする町々を歩けば、今も中世の息づかいが聞こえてくるかのよう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >