2018/05/07 06:30

【世界の建築】世界遺産の建築天国!ラトビアの首都リガで会いたいユニークな建築6選

エストニア、リトアニアと合わせて「バルト三国」と呼ばれるラトビアの首都リガ。

歴史的な町並みがまるごと世界遺産に登録されているこの町は、個性的な建築物がひしめき合うヨーロッパ屈指の建築都市です。建築好きにとってはたまらない建築天国、リガで会いたいユニークな建築をご紹介します。

・ブラックヘッドの会館

リガを象徴する建築物のひとつが、旧市街の市庁舎広場に面して建つブラックヘッドの会館。鮮やかなオレンジ色と、彫金細工や彫刻に彩られた個性的な外観は、一度見ると忘れられない印象を残します。

もともとは14世紀に建設された建物ですが、1941年のドイツ軍の空襲により破壊されたため、現在見られる姿は1999年に再建されたもの。未婚の商人の友愛会であったブラックヘッドのメンバーによって、コンサートやパーティーが開かれていた当時の姿が現代によみがえりました。

外観で特に目を引くのが、月、日、時間と月齢を刻むファサードの大時計。言い伝えによると、中世の時代にこの時計を作った職人は、二度と同じものが作れないように目をくりぬかれてしまったという話も・・・館内には、壮麗な天井画が描かれた大ホールなどが再現されています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >