2018/02/17 06:30

実はマザー・テレサの出身地、マケドニア・スコピエの「マザー・テレサ記念館」に行ってみた

インドの貧者や病人のために尽くした修道女、マザー・テレサ。ノーベル平和賞を受賞するまでにいたった彼女の功績はあまりにも有名ですが、マザー・テレサがどこで生まれたのかは意外と知られていません。

インドでその生涯の大部分を過ごしたことからインド出身と思われることもありますが、マザー・テレサが生まれたのは、現在のマケドニアの首都スコピエです。

日本人にはあまりなじみのないマケドニアは、東ヨーロッパ・バルカン半島に位置する小国。かつては旧ユーゴスラビアの構成国のひとつでした。

面積は九州の3分の2ほど、人口はおよそ200万人にすぎませんが、マケドニア人やアルバニア人、トルコ人といった多様な民族が共存する国です。

マザー・テレサは、この地がまだオスマン帝国領であった1910年、現在のマケドニアの首都スコピエに生を受けました。

本名は、アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ。「テレサ」というのは彼女が初誓願のときに選んだ修道名であり、「マザー」というのは指導的立場にある修道女への敬称です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >