2018/05/26 06:30

ドイツの古都ドレスデンで「世界で最も有名な天使」たちに対面

どこか釈然としない表情で思案している様子の2人の天使・・・この絵に見覚えはありますか?

きっと、「どこで見たのかはわからないけど、どこかで見たことがある」と感じる人が多いことでしょう。

この天使たちは、ルネッサンスの巨匠ラファエロが描いた「システィーナの聖母」の一部。

もともとの絵画から切り離され、天使たちだけが衣類や切手、文房具等さまざまな商品のモチーフとして使われたことで、「世界で最も有名な天使」といわれるほどよく知られた存在になりました。この天使たちが西洋絵画における天使のイメージを確立したといっても過言ではありません。

2人の天使が描かれた「システィーナの聖母」があるのは、ラファエロの故郷イタリアではなく、東ドイツの古都ドレスデン。

この作品はラファエロの晩年、1513~1514年ごろにかけて祭壇画として描かれたもので、ラファエロが描いた最後の聖母像であると同時に、ラファエロが自身だけで完成させた最後の作品でもあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >