2018/04/24 06:30

【知られざる世界のグルメ】ドイツ・フランクフルトに行くなら試すべき!名物リンゴ酒とゲーテも愛したグリューネ・ゾーセとは?

ドイツとしては珍しく、近代的な高層ビルが建ち並ぶ金融都市フランクフルト。

そんな風景を見て、フランクフルトは歴史の浅い町だと思う人もいるかもしれませんが、実はフランクフルトは1200年以上の歴史をもつドイツ有数の古都。

第2次世界大戦で甚大な被害を受けた後、近代都市として歩むことを決めたため、古い町並みはあまり残されていませんが、1200年にわたって育まれてきた歴史と文化は今も生き続けています。

そんなフランクフルトの名物がリンゴ酒(アプフェルヴァイン)。フランクフルトがあるヘッセン州には、60のリンゴ酒醸造所があり、年間4000万リットルものリンゴ酒が生産されているといいます。

気になるお味はというと、ワインともビールとも違った、酸味のある独特の味わい。アルコール度数が5.5~7パーセントと比較的低く、軽く爽やかな感じがするのが特徴です。

フランクフルトでリンゴ酒を楽しむなら、迷わずザクセンハウゼン地区へ。旧市街からマイン川を越えて南に行くと、古き良き時代の面影が残る下町の風景が現れます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >