2018/03/14 06:30

バウハウスが生まれた世界遺産の町、ドイツ・ワイマールで近代建築の歴史に触れる

文豪ゲーテがその生涯の大半を過ごした東ドイツの都市、ワイマール。

ゲーテとシラーが活躍し、ドイツ古典主義が花開いた町は、「ワイマール:古典主義の都」として世界遺産に登録されています。

そんなワイマールは、実はもうひとつの世界遺産を抱えています。それが、「デッサウとワイマールのバウハウスとその関連遺産群」。1919年、建築家ヴァルター・グロピウスを校長として、芸術造形学校「バウハウス」がここワイマールで産声を上げました。

第1次世界大戦を経験したドイツでは、膨大な費用と時間のかかる従来の建築スタイルにかわる新たな建築が求められていました。そんな時代の要請のなかで生まれたのがバウハウスだったのです。

ヴァルター・グロピウスは、高価な石材のかわりにコンクリートやモルタルといった新素材を取り入れつつ、優れたデザインによって建築の質を維持しようと考えました。

バウハウスにはオスカー・シュレンマーやパウル・クレー、カンディンスキーらが教師として招かれ、建築のみならず陶芸や絵画、彫刻、ガラスや色彩、テキスタイルなどが教授され、「すべての造形活動の最終目標は建築である」という理念のもと、家具や印刷、舞台装置といったインダストリアルデザインにまで発展していきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >