2018/02/04 16:30

製造工程も見学できるライカファンの聖地、ドイツ・ヴェッツラーの「ライツパーク」

フランクフルトから北へおよそ70キロ、ドイツ・ヘッセン州にヴェッツラーという町があります。

ドイツ文学に詳しい人なら、その名を聞けば文豪ゲーテを思い浮かべるはず。というのも、ヴェッツラーは彼の出世作である「若きヴェルテルの悩み」の舞台となった町だからです。

1772年、法律家見習いとしてヴェッツラーにやってきたゲーテは、一人の美しい女性シャルロッテ・ブッフに恋をします。しかし、シャルロッテはすでに婚約者のいる身。叶わぬ恋に苦しんだゲーテは失意のままヴェッツラーを去り、のちにこの体験をもとに「若きヴェルテルの悩み」を書きあげました。

そんなゲーテゆかりの地として知られるヴェッツラーですが、この町にはほかにも世界に誇れるものがあります。

それが、カメラマニアが愛してやまないドイツのカメラメーカー「ライカ」の本拠地。

ちなみに「ライカ(Leica)」というブランド名は、考案者のエルンスト・ライツ(Ernst Leitz)の名前の一部と、「カメラ(Camera)」という単語の一部を組み合わせて生まれたものです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >