2018/02/22 06:30

【知られざる世界の常識】歩きタバコに吸い殻のポイ捨ては当たり前、日本人からすると驚きのドイツ喫煙事情

現在ドイツ南西部に住む筆者がドイツに来て驚いたこと。

それは、ドイツでは歩きタバコとポイ捨てが当たり前で、町に出ればタバコの煙を避けることができないということです。

日本では「ヨーロッパでは禁煙化が進んでいて、日本は禁煙後進国である」という認識があります。その認識はある意味では正しいのですが、単純に「日本もヨーロッパを見習うべきだ」とはいえない現実がそこにはありました。

・歩きタバコ、ポイ捨てが当たり前のドイツ

ドイツでは、歩きタバコとポイ捨ては当たり前。

通りを歩けば、歩きタバコに遭遇しますし、バスやトラムの停留所や駅のホームでもタバコを吸う人が大勢いるので、ドイツで町に出れば必ずどこかからタバコの煙の臭いがしてくるといっても過言ではありません。

特に始末が悪いのは、クリスマスマーケットなどの混雑した場所でも歩きタバコをする人がいるということ。筆者自身火の付いたタバコとぶつかりそうになったのは一度や二度ではありませんし、クリスマスマーケットには子どもも大勢来場するので、歩きタバコはとても危険にもかかわらずです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >