2018/05/15 06:30

マルタで最もフォトジェニックな漁村、極彩色のマルサシュロックをたずねて

地中海の美しい風景を楽しめることで人気上昇中の島国、マルタ共和国。

マルタといえば、世界遺産にも登録されている首都のヴァレッタが有名ですが、郊外にも伝統的な風景を残す美しい町々があります。

マルタを旅するなら一度は訪れてみたい場所のひとつが、マルタ本島最大の漁村であるマルサシュロック。エメラルドブルーの海に極彩色のボートが浮かぶ、絵のような風景が楽しめる可愛らしい村です。

マルタ語で「マルサ」とは「港」のこと。それに北アフリカから地中海を超えてイタリアに吹く風「シロッコ」が合わさって、「マルサシュロック」になったのだとか。

この深い入江は侵入者にとっては格好の標的で、大包囲戦初戦のオスマントルコ軍が上陸したのも、ナポレオン率いるフランス軍が上陸したのもこの港でした。

戦争の歴史の舞台になったかと思えば、ブッシュ大統領とゴルバチョフ大統領が冷戦の終結を宣言した「マルタ会議」が行われたのもここ。風光明媚なマルサシュロックは、重大な歴史ドラマが繰り広げられてきた場所でもあるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >