2019/02/03 08:31

『ドラゴンボール』が全米で大ヒット。次にブレイクする日本映画・アーティストは?

photo via Pexels
photo via Pexels
 映画『ドラゴンボール 超 ブロリー』が1月に全世界公開され、全米映画興行成績でトップ5に入る大ヒットを記録している。そこで今回は、海外エンタメの世界で、今後の「日本発」のヒットになりそうなものを検証していきたい。

◆エモい若者に人気の『NARUTO』

 まず、映画・アニメの世界を見てみよう。諸外国の場合、日本からの定番マンガの影響力は根強く、『NARUTO』や『ONE PIECE』などに関して言えば、筆者の生活しているブラジルでも子供なら『ドラゴンボール』同様、誰でも知っている。この2作なら、いつ映画化され国外リリースがあっても、今回の『ドラゴンボール 超 ブロリー』級の成功が期待できる。

 とりわけ『NARUTO』に関して言えば、海外だとオタク・カルチャーを超越して、近年ではよりダークで内向的なエモ・カルチャーとの結びつきも強い。ヒップホップのエモ・トラップの動画やミームのネタとしての引用も多いのでかなりのヒットになりそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

静かな情熱を持って、取り組める日。好きなアーティストのライ...もっと見る >