2017/11/13 10:30

人気のLUNASOLアイシャドウを使った格上げメイク。アイシャドウパレットの上手な使い方をご紹介♡

日本中の女性たちを虜にしてやまない、名品揃いの「LUNASOL(ルナソル)」のアイシャドウパレット。 私もとてもお世話になっているのですが、ルナソルのアイシャドウは計算し尽くされ肌馴染みの良い色と質感は、美人度をグンとあげてくれます♡ 今回はそんないつもの美人メイクだけでなく、ちょっとした使い方のコツでカジュアルなメイクも出来るHow Toをご紹介します!
今回使うルナソルのアイシャドウルナソルには1つにしぼることが出来ないほど、素敵なアイシャドウがいくつもあるのですが、その中でも今回ピックアップした3つのパレットがこちら。
(♡)ジェミネイトアイズ
(♡)セレクション・ドゥ・ショコラアイズ
(♡)シャインフォールアイズ恋コスメとして一時期、大人気となった「ジェミネイトアイズ 05」と、パッケージも香りもチョコレートのような「セレクション・ドゥ・ショコラアイズ 02」。 そして木漏れ日のような光と影を表現することのできる「シャインフォールアイズ 02」。この3つのパレットを使って、秋冬メイクを格上げしてくれるHow Toをご紹介していきますよ♡
アイシャドウパレットの上手な使い方アイシャドウパレットを使う時、基本は薄い色から濃い色を重ねてグラデーションをつけたり、立体感を出したりするのですが、それだけだとワンパターンになってしまいがち。 そこで同じパレットを使って、いつもと違う印象のメイクも楽しみたい時におすすめの使い方があるんです♡
あえて全色を使わない綺麗な色が並んでいるパレットは思わず全色使いたくなるのですが、ルナソルのような名品なら特に一色、一色を変えてみるだけでメイクの可能性が広がります。
メインカラーを変えてみる次におすすめしたいのが、メインカラーを変えてみるという方法。今回ご紹介する3つのアイシャドウパレットの使い方はこの方法なので、ぜひ読んでくださいね!
パーティーや女子会におすすめのメイクピンクのアイシャドウは「腫れぼったく見えそう」「甘くなりすぎるのはちょっと…」という声をよく聞きます。しかしこの「ジェミネイトアイズ02番」の場合時は、図のCとDを上手に効かせるのがポイント。 暗めの色はまぶたのキワに入れるのが定番ですが、今回は目頭と下まぶたにポイントを置いて目線の注目をずらし、メイクに遊びを持たせました。 上まぶたにはEの可愛いキラキラだけで、キュートなピンクメイクに仕上げます♡これからのパーティーシーズンや、女の子だけの集まりにもってこいのメイクですよ。
秋冬仕様のおすすめ普段メイク「セレクション・ドゥ・ショコラアイズ」の場合、メインカラーには、図のAとCを使います。Aで切れ長風を演出し、Cで奥行きと丸みを出す。 アイシャドウの色が一番綺麗に出るのはAの辺りと言われているので、メインにしたい色はその辺りに使うと映えてくれますよ♩

夏と何も変わっていないように見えて、実は秋冬仕様に普段メイクを更新! 少しメイクを変えるだけで気分は上がるものですよね。
クールさとキュートさを合わせた秋冬メイク一見するとクールで美人系のイメージの「シャインフォールアイズ 02番」ですが、実際肌にのせると一番濃い色の図のDは淡く柔らかな発色。 そして普通のベージュかな? と思ったBの色が偏光の深く美しいゴールドだったりと、美しい裏切りが詰まっています。このパレットの場合、Bをメインカラーにしたいので、まずはBから、目を開けた時に綺麗に色が分かるところまで広げて塗ります。 そして目頭に抜け感を出すためにAを塗り、Dはアイラインをぼかすようなイメージで、付属の一番細いチップでのせるようにして塗りましょう。 ルナソルのアイシャドウはどれも、重ねた色が濁らないのがやはり素晴らしいですね。クールさとキュートさを兼ね備えたメイクが、この季節にとても映えます♡
ルナソルのアイシャドウパレットで秋冬メイクを格上げルナソルのアイシャドウは発色が良いのに、色を重ねても濁らず、目元に奥行きを出してくれる。 また上質な輝きもプラスしてくれるので、秋冬のメイクをそっと格上げしてくれること間違いなしなのです♡
インスタをフォローしてね♡ 

machiさん(@material_2014)がシェアした投稿 - 2017 11月 13 4:26午前 PST

ここで描いているイラストやメイク方法の他にインスタにも様々な投稿をしているので、ぜひ(@material_2014)をフォローしてくださいね♡
(♡)この記事についているタグで検索する
#イラスト、#メイク、#コスメ、#アイシャドウ、#ルナソル

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >