2017/05/17 22:00

自分の子どもを見てますか?「子どもの将来に影響する」NG悪習慣

出典:https://www.shutterstock.com/

もし、人間の顔に目が一つしかないのが一般的だったらどうでしょう。全員が一つ目だったら、目が二つある人はどんな風に扱われるのでしょう。好奇の目にさらされ生き辛いでしょう。

そこで、今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が“人と比べること”についてお話します。

「ひとつめのくに」の絵本に学ぶこと

『ひとつめのくに』という絵本を読んだことがあります。

ある男が“一つ目小僧”を見世物にしようと捕まえに行きました。そこで一つ目の子どもをさらおうとします。子どもの悲鳴を聞いて男は捕まります。そして男が連れて行かれたのは一つ目の国。二つ目の男はこの国で見世物にされました。

場所が変われば普通だった人が見世物にされる、ちょっと怖くて面白いお話です。落語にも出てくるお話です。

周りと比べるのが人間

もし、生涯独身の人が人口の9割を占めていたら、結婚している人は「わあ、既婚者なんだ」と凄く珍しがられるでしょう。結婚していない人に対して“負け犬”なんて言葉は生まれなかったでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >