2017/05/24 21:30

赤ちゃんがグングン言葉を吸収する「クーイング期」「喃語期」にこそバイリンガル教育を!

出典:https://www.shutterstock.com

先日、大学入試の新テスト案が発表されましたね。現行のセンター試験と大きく変わるのは、現行の「読む・聞く」に「書く・話す」が加わり、これら四技能をバランス良く評価される点です。

また英検(実用英語技能検定)でも今年度から3級、準2級でライティングが導入されていますし、2020年には小学5年生から英語が正式教科となることが決定しています。今後数年で日本の英語事情も大幅に変わっていくるかもしれません。

さて、そんななかで幼少期に英語に触れることの大切さが注目されていることをご存知でしたか?

0~3歳は脳のゴールデンエイジと言われていますが、そのなかでも「バブバブ」といった言葉にならない音を発する”喃語(なんご)期”の環境次第で、赤ちゃんの言語能力は大きく変わるのだとか。

そこで今回は、喃語のうちからバイリンガル育児をすると効果的な理由についてまとめます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >