2017/05/30 21:15

【医学博士に聞いた】「子どもの耳の鼓膜が破れた時」どうしたらいい?

出典:https://www.shutterstock.com

鼓膜とは、外耳の終わりの部分を覆っている膜のことです。もう少し簡単に言ってしまうと“耳の穴の奥で張っている膜”です。

人間に音が伝わるメカニズムとしては、空気の振動を外耳から鼓膜へ伝え、鼓膜からさらに頭の内部、鼓室へと振動を伝えて、最終的に内耳という頭蓋骨の中にある変換装置で空気の振動を“音”に変えます(※1)。

人の鼓膜が破れてしまった場合、一体どのようになってしまうのでしょうか。今回はその典型的な症状や原因をお伝えします。

耳の鼓膜が破れるとどうなる?

鼓膜が破れることを一般的に“鼓膜穿孔(こまくせんこう)”と言います。

実は鼓膜が破けてしまっても「全く音が聞こえない」ということはあまりありません。

振動が内耳まで到達すれば音として変換されるわけですから、音自体は確認できます。ただし振動を内耳までしっかりと届けることは出来ないために変換が上手くできなくなってしまい、いわゆる“聞こえにくい”、“雑音に聞こえる”という状態となってしまいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >