2017/05/27 21:45

絶対にやめて!恐がりで泣き虫な「敏感っ子」へのNG対応

出典:https://www.shutterstock.com/

見知らぬ場所に行くとママから離れない。初めて会う人の前では顔を隠す。街角で手を振る“着ぐるみ”に怯える。お友達と玩具を取り合えばスグに泣く。音や光や匂いに敏感。外では「いい子」に見られることがあっても、家族の前ではグズグズ癇癪。

そんなわが子を前に、「こんなに敏感で、この子はこれからやっていけるんだろうか」思わずそうため息をついてしまうママもいるかもしれません。

この記事では、17年間幼児から大学生までを指導し、また敏感っ子を持つ親の1人でもある筆者が、“ひと一倍敏感な子”への適切な対応についてご紹介します!

「ひと一倍の敏感さ」は5人に1人にみられる生まれつきの性質?

心理学者のエレイン・アーロン氏は、冒頭のような敏感さを持つ子どもを“ハイリーセンシティブチャイルド(ひと一倍敏感な子)”と呼びます。

そして、15~20%の子どもにみられる“生まれつきの性質”としています。(*1 )

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >