2017/06/18 21:30

夏カゼと「プール熱」は何が違う?原因と症状の見分け方

出典:https://www.shutterstock.com

6月からプール開きになる幼稚園や保育園が多いことと思います。

すると流行り始めるのが、“プール熱(咽頭結膜熱)”。プールに入る機会の増える7~8月にピークを迎えると言われ、10月頃まで注意が必要です(※1)。

今回は、これからの季節に増える「プール熱」について、典型的な症状と見分け方をお伝えします。

プール熱の原因、それはママならよく耳にする「アデノウイルス」!

プール熱の原因はアデノウイルスで、こちらは比較的一般的に存在しているウイルスによる小児の感染症となります(※3)。

このウイルスは普段は症状を引き起こさないことが多いのですが、何かのきっかけによって免疫が弱くなってしまったり、アデノウイルスの活性が強くなってしまった時に感染すると言われています(※2)。

さらにはプールで感染することが多いことから、地域的に流行してしまうことも懸念されています。 

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >