2017/06/22 22:00

過保護・過干渉の「ヘリコプターペアレント育児」子どもへの影響は…?

「子どものために良かれと思って……」子どもが困難にぶち当たったとき、パタパタパタと飛んできて助ける。子どもが困らないように頭上を旋回し見守る。これが行き過ぎると“ヘリコプターペアレント”になってしまいます。

そこで、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が教育専門家としての経験を元に“ヘリコプターペアレントに育てられると、どうなるか”についてお話します。
 

筆者は仕事で保育園や幼稚園で多くの幼児に接してきましたが、こんな光景がありました。

●忘れ物

保育士が持ち物のハンカチやタオルを忘れた子に「忘れ物をしないようにね」と注意すると「だってママが入れてくれなかったんだもん!」と親のせいにする。

 ↓

子どもは帰宅後「ママ、どうしてハンカチ入れてくれなかったの」と親を責める

 ↓

母親は「ごめんね。ママが入れ忘れちゃって……」と子どもに謝る

 ↓

次回、忘れたときは、ママが保育園に慌てて飛んできて届ける。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >