2017/07/06 22:00

うちの子は問題児?「保育園の先生を手こずらせる子」からわかること

出典:https://www.shutterstock.com

幼稚園や保育園の参観に行くと結構、先生を手こずらせているわが子。そんな時「もしかして、うちの子は問題児?」って思うことってありませんか。

でも、問題行動にも様々な理由があります。

そこで、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのコツ』の著者の立石美津子が教育専門家としての経験を元に“子どもの問題行動”についてお話します。

「ある問題行動」から見えてくる3つの理由

例えば“合奏の時間、勝手に保育室から脱走する”という問題行動。同じ行動にも次の3つの理由があります。

(1)しつけが出来ていない

子どもは本能として「集団生活の中では勝手に教室から出て行ってはいけない」ことを知りません。誰かがしつけていかなくてはなりません。

もし、担任の保育者が「まだ幼い子どもだから自由にさせていていい」と思って、教室から出ていくことを咎めることをしなかったら、勝手に出て行ってしまうのは仕方ありませんね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >