2017/07/10 11:45

【保育士オススメ】赤ちゃんの「視覚・聴覚・触覚」をグングン育てる遊び3つ

出典:https://www.shutterstock.com

3~6か月ごろになると、少しずつ周りに興味が出始め、あやすと笑ったり手を動かしたりと様々な反応が見られるようになります。

今回は、この時期におすすめの五感のうちの視覚、聴覚、触覚を刺激する遊び方をご紹介します。

赤ちゃんの学習力はハンパない!「視覚・聴覚・触覚」を伸ばす遊び3つ

(1)「視覚」を刺激すれば、目と手の協応に!

生後3か月を過ぎると、目で見たものを手に取ろうとする“目と手の協応”ができるようになります。

赤ちゃんが手を伸ばせば届くくらいの位置におもちゃを見せて、手で掴ませるとい遊びや、「いないいないばあ」などを繰り返してあげるととても喜びます。

保育園では、昔ながらのわらべ歌や、手遊び歌などで赤ちゃんをあやしています。毎日見ているうちに、保育士の手の動きをいつしか真似するようになるのです。

手遊び歌などが分からなければ、「グーパーグーパー」「キラキラキラ~」など声に出してそれに合わせて手を動かすのを見せてあげるだけでも大丈夫ですよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >