2017/07/16 21:45

4歳~文字を書こう!「子どもの名前」で練習させる時の注意点と落とし穴

出典:https://www.shutterstock.com/

子どもに字を書けるようにするために、多くの人が“自分の名前”から書かせ、字を書く嬉しさを実感させてあげることでしょう。

名前を書くことが悪いということはありません。

ただし、後から「もっとちゃんと書けないの?」と悩むのならば、少し練習のさせ方を考える必要があります。

そこで今日は小学校教諭の資格を持ち、塾講師をしている筆者が、子どもに丁寧な字をかかせるコツをお伝えします。

鉛筆の持ち方、字の書き方は「最初」が肝心

最近子どもを見ていると、年中さんから自分の名前をかける子が増えてきました。

一方で、鉛筆の持ち方が正しくなかったり、クセのある字を書いたりする子も多いなと感じています。

そして小学3年生くらいになると「字が汚いんです……」「鉛筆の持ち方、なんとか直りませんか?」と相談にくるお母さんも多いんです。

もちろん、お察しの通り、小学校で“毎日書いている字”や“毎日握っている持ち方”を後から変えることはとても難しいことです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >